雷蔵はワノ国の忍者!悪魔の実は便利?福ロクジュとの死闘!声優!痩せたらイケメン? 

いよいよ最終章に入っていく中。ワノ国で登場?ゾウのエンディングで登場した「雷蔵(らいぞう)」について、書いていきます。

雷蔵はワノ国の忍者!能力は?悪魔の実の能力は便利すぎる?マキマキの実!

ワノ国の影の下で、ひそかに活動する忍者、雷蔵。彼の能力は、多くの人々を驚かせています。なぜなら、雷蔵は「マキマキの実」という、非常に珍しい悪魔の実の能力を持っているからです。

この能力により、彼はあらゆるものを巻きつけ、操作することができます。これは戦いだけでなく、日常生活においても非常に便利な能力と言えるでしょう。

たとえば、物を運ぶ際には、その物を巻きつけて空中に浮かべ、簡単に移動させることが可能です。

また、敵との戦いでは、相手を瞬時に縛り上げることもできます。しかし、この能力には大きなリスクも伴います。悪魔の実の能力者は、海に落ちると力を失ってしまうのです。

雷蔵はこの能力を使いこなし、ワノ国の平和を守るために日夜努力しています。彼の活躍は、ワノ国の人々にとってなくてはならないものとなっており、その技術は若い忍者たちにも受け継がれていくことでしょう。

雷蔵と福ロクジュの死闘について解説!

ワノ国の運命をかけた戦いが、燃え盛るカイドウの鬼ヶ島の城の中で、雷蔵と福ロクジュの間で繰り広げられました。

この戦いは、ただの勝負以上の意味を持っていたのです。雷蔵はワノ国の忍者としての誇りを背負い、福ロクジュは黒炭オロチ側に寝返ったお庭番衆として、自らの信念を貫くために立ち上がりました。

城の中は炎に包まれ、その熱さはまさに試練の場となりました。二人の間には、言葉は交わされませんでしたが、互いの眼差しの中には、強い意志が読み取れました。

雷蔵は「マキマキの実」の能力を使わず、福ロクジュもまた、得意技の「耳たぶクラッカー」を駆使し、二人は耐久力を競うような戦いを展開しました。

激しい暑さの中、雷蔵は巧みに福ロクジュの攻撃をかわし、冷静さを保ちながら戦い続けます。福ロクジュもまた、その独特の技で雷蔵を追い詰めていきましたが、最終的には雷蔵の忍耐力が勝利をもたらしました。

雷蔵の声優は?緑牛との闘いで痩せてしまったがマサカのイケメンになる?

ワノ国の忍者、雷蔵の声を担当しているのは、江原正士さんです。彼は多くのアニメや映画で声優として活躍しており、その実力は高く評価されています。雷蔵といえば、その巨大な体とは裏腹に、繊細な忍術を駆使するキャラクター。

しかし、緑牛との激しい戦いの中で、彼は体重を大きく減らしてしまいました。

驚くべきことに、その結果、雷蔵は見た目が大きく変わり、まさかのイケメンになったとの噂が広がっています。

緑牛との戦いでは、彼の忍術と精神力が試されましたが、その過程で内面の強さが外見にも表れたのかもしれません。

この変化にはファンも驚きを隠せない様子。しかし、声優の江原さんの演技によって、雷蔵のキャラクターはさらに魅力的なものとなりました。

今後の彼の活躍に期待が高まるばかりです。雷蔵の新たな一面を、ぜひ楽しみにしていてください。

まとめ

雷蔵は、ワンピースの世界で初めて登場した“忍者(ニンジャ)”であり、ルフィーやウソップ、チョッパー、フランキーが期待してワクワクしながら対面したが、2.5頭身の不格好なフウボウにがっかりしておりました。

しかしながら、忍者であり「マキマキの実」の能カをもったスーパー忍者であります。ワノ国編ではカイドウのボロブレスを吸収してしまいます。吸収したものは再び放出することができます。

分身の術もできますし、身代わりの術によって攻撃を回避することもできます。ワノ国編で活躍しましたが、痩せてもてることはありませんでした。

福ロクジュと交戦して見事に勝利した。その上火事を鎮めて味方を救った。緑牛と対戦した際、養分を吸い取られてガリガリになしまった。

能力的にはチートでありながら、容姿がコミカルすぎるためカッコ良くはキメれない親しみやすいキャラクターである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました