ボンクレーの名言!生きてる声優、ベンサムその後の様子!インペルタウンの中は?

「ワンピース」には、つぎつぎに新しいキャラクターが登場します。そんななか、敵なのに親友となり、物語を楽しませてくれた私が大好きなキャラクターについてご紹介します。

ワンピースMr.2盆暮れはバロックワーックス幹部!麦わらとは親友?

なかでも「アラバスタ編」で登場した 「サー・クロコダイル」の率いる「バロックワークス」の幹部であります。

主人公のモンキーDルフィー率いる「麦わら海賊団」とはひょんなことから「親友」でもあり得ます。

きっかけは、麦わら海賊団がアラバスタに到着する直前メリー号もろとも海底火山による蒸気に侵入してしまいます。

そこへ、ちょうどMr.2ボン・クレーの船「快速スワンダ号」もその蒸気のなかにいました。

メリー号が蒸気をぬけると、カルーを餌にしていた釣り竿に、ボンクレーが引っかかっていました。

双方びっくりした拍子に、ボンクレーは海に落下。能力者だったので溺れてしまいました。

メリー号に助けてもらった「恩」を感じボンクレーはルフィー達を親友と認めていました。

「アラバスタ」の国内ではサー・クロコダイルの部下としてルフィー達と死闘を繰り広げておりましたが、ルフィーがサー・クロコダイルを倒した後は、親友として海軍から一緒にアラバスタ王国を脱出しました。

 

2回目に登場したのは、インペルダウン編です。ルフィーが兄であるエース奪還に向けて侵入した際、協力して戦ってくれました。

闘ってボロボロになったルフィーを担ぎながら、イワンコフのいるLEVEL5.5番地に行きました。

脱出の時には得意のマネマネの能力で自分を犠牲にみんなを助けるヒーローになりました。

ワンピースMr.2ボンクレーの名言まとめ!

ボンクレーは作中いくつかの名言を残しています。そんな名言をご紹介します。

1. 「友情ってヤツァ…付き合った時間とは関係ナッスィング!」

2. 「命を賭けて友達(ダチ)を迎えに行く友達を見捨てて、おめェら明日食うメシが美味ェかよ!」

3. 「こんな時代だからこそ!つどえ!友情の名の下に!」

4. 「男の道をそれるとも、女の道をそれるとも、踏み外せぬは人の道。散らは諸友、真の空に咲かせてみせよう、オカマ道(ウェイ)Mr.二盆暮。」

5. 「麦ちゃんっ!助けに来だっ!友情の!名のもとに!」

6. 「友達だからようっ!理由なんざ他にゃいらねェ!」

これらの言葉には、ボンクレーの強い意志と、友情を大切にする心が表れています。

彼の名言は多くのファンに愛され、心に響くものとなっています。

ワンピースMr. 2ホンクレーは生きてるのか?

ワンピースの世界では、多くのキャラクターが登場し、その運命にファンは息をのんでいます。

特にMr. 2 ホンクレー、またの名をベンサムとして知られる彼の運命は、多くの議論を呼んでいます。

彼の最後については、インペルタウンでのエピソードが記憶に新しいですね。

あの場所で彼は、仲間のために自らを犠牲にしました。しかし、その後の彼の消息は、アニメでは明確に描かれていません。

これが、ファンの間で彼が「生きてるのか?」という疑問を持つ大きな理由です。

原作の漫画では、彼の生存が示唆されています。

インペルタウンでの彼の行動は、多くの人々に感動を与え、彼の「生きざま」が称賛される一方で、彼の「生きてるかどうか」については、はっきりとした答えはまだ出ていません。

声優による彼のキャラクターの表現も、ファンの記憶に深く残っています。

彼の声には、彼の強さと優しさが込められており、それが彼の生きている証とも言えるでしょう。

結局のところ、ホンクレーが生きているかどうかは、作者の尾田栄一郎さんの手に委ねられています。

しかし、彼の「生きてる」精神は、ワンピースのファンの心の中で永遠に生き続けることでしょう。

彼の勇気と友情の物語は、これからも語り継がれていくに違いありません。

どんな困難も乗り越える彼の姿勢は、私たちにとって大きな希望となっています。

ホンクレーの物語は、まだまだ終わっていないのです。

ワンピースmr.2ボンクレーの声優は?本名は?

ワンピースのカラフルなキャラクターたちの中でも、Mr.2 ボンクレーはそのユニークな個性で多くのファンに愛されています。

彼の本名はベンサムといい、バロックワークスのオフィサーエージェントとして活躍しました。

声優の世界では、彼の声を担当しているのは矢尾一樹さんです。

矢尾さんは1959年6月17日生まれの石川県出身で、マックミックに所属しています。

ワンピースではボンクレーの他にも、フランキー、ジャンゴなど複数のキャラクターの声を演じており、その多彩な演技力で知られています。

ボンクレーのキャラクターは、その明るくて情に厚い性格で、物語の中で重要な役割を果たしてきました。

彼の「マネマネの実」の能力は、一度触れた人物に変身できるというもので、この能力によって数々のピンチを切り抜けてきました。

また、彼の名言「友情ってヤツァ…付き合った時間とは関係ナッスィング!」は、多くのファンの心に響いています。

ボンクレーの物語は、ワンピースの世界を彩る大切な一部として、これからも語り継がれていくことでしょう。

「ワンピースMr. 2ボンクレーは、インペルダウンの中でオカマ王?」

ワンピースの魅力的なキャラクター、Mr. 2 ボンクレー。彼はその個性的なキャラクターで多くのファンを魅了しています。インペルダウンでの彼の活躍は、特に印象的でした。そこでは、彼は「ニューカマーランド」のリーダーとして、オカマ王と呼ばれるほどの存在感を放っていました。

ボンクレーの本名はベンサム。彼は、バロックワークスのエージェント「Mr. 2」としても知られていますが、インペルダウンでは別の一面を見せてくれました。

彼のカリスマ性と、困難な状況でも仲間を思いやる心が、多くの囚人たちに希望を与え、彼らを結束させました。

「ニューカマーランド」は、インペルダウンの最深部にある秘密の場所。

ここは、ボンクレーが統治する小さな王国のようなもので、彼はそこで囚人たちと共に、自由を謳歌していました。

彼のリーダーシップは、インペルダウンの厳しい環境の中で、明るい光を放っていたのです。

ボンクレーは、その強い意志と、仲間を大切にする心で、多くの人々を惹きつけて止みません。

彼の「オカマ王」としての立場は、ただの称号以上のもの。それは、彼が築き上げた信頼と絆の証なのです。

彼の物語は、ワンピースの世界において、忘れられない色彩を加えています。

これからのワンピースのストーリーにまたボンクレーが登場する可能性は低いです。

でも大好きなキャラクターは再登場して欲しいという期待を込めて見守っていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました