リンリンの子供は85人!最強の一族の秘密とは?マザーを食べた⁉︎若い頃の姿はボニー?

ワンピースの世界には、さまざまな海賊が活躍していますが、その中でも最強と恐れられるのが四皇と呼ばれる大海賊たちです。

その一人が、シャーロット・リンリン(通称:ビックマム)です。そんなリンリンについて調査したいと思います。

ワンピースリンリンの子供たちは85人!

彼女は、トットランドの女王であり、ビッグ・マム海賊団の船長でもあります。そして、なんと85人もの子供たちの母でもあるのです。

ワンピースリンリンの子供たちは、息子が46人、娘が39人で、それぞれ違う夫から生まれました。

彼女は、自分の子供たちを自分の国の大臣や海賊団の幹部として重用しています。しかし、43人の過去の夫たちに関しては、血の繋がりのない他人として扱っています。

彼女は、自分の子供たちに対しては、厳しくも愛情深い態度を見せますが、逆らう者には容赦なく処罰します。

ワンピースリンリンの子供たちの中には、悪魔の実の能力者や、巨人族の血を引く者、双子や三つ子など、個性豊かな者が多くいます。

彼らは、それぞれに強力な戦闘力や知略を持ち、母親のために戦います。しかし、中には、母親の暴力や圧力に耐えられず、家を出たり、裏切ったりした者もいます。

彼らは、ワンピースリンリンの怒りを買い、命を狙われることになります。

ワンピースリンリンの子供たちは、ワンピースの世界で最大の一族と言えるでしょう。

ワンピースリンリンはマザーを食べたのか?

ワンピースリンリンの過去には、衝撃的な出来事がありました。それは、彼女が6歳の時に、マザー・カルメルという女性と暮らしていた孤児院で起こったことです。

マザー・カルメルは、リンリンの親代わりであり、彼女に悪魔の実の能力を教えてくれた人物でした。

しかし、ある日、リンリンの誕生日に、マザー・カルメルと他の子供たちは突然姿を消してしまいました。

リンリンは、彼らがどこに行ったのか分からず、一人取り残されました。

では、マザー・カルメルと子供たちはどこに行ったのでしょうか?その真相は、ワンピースの物語の中では明かされていませんが、様々な考察があります。

その中でも、最も有力なのが、 リンリンがマザー・カルメルと子供たちを食べてしまった という説です。その根拠は以下のようなものです。

  • マザー・カルメルが使っていた悪魔の実の能力を、リンリンが使えるようになっていること。マザー・カルメルはソルソルの実という、魂を操ることができる悪魔の実の能力者でした。

    リンリンは、マザー・カルメルがいなくなった後に、その能力を発揮するようになりました。

    悪魔の実の能力は、一つの実に一つの能力が宿っており、同じ能力を持つ実は存在しません。

    また、能力者が死ぬと、その能力は別の実に移ると言われています。

    つまり、リンリンがマザー・カルメルの能力を得たということは、マザー・カルメルが死んだということになります。

     

  • リンリンがマザー・カルメルと子供たちがいなくなった時の様子を、巨人族の一人が目撃していたこと。リンリンは、誕生日のケーキを食べるときに、涙で目が見えなくなり、目がハートになっていました。

    その時に、彼女の周りからは「うえええええん」「ああああああ」という叫び声が聞こえていました。

    それを見ていた巨人族の一人は、恐怖に震えて逃げ出しました。これは、リンリンがマザー・カルメルと子供たちを食べてしまったことを示唆しています。

     

  • リンリンがマザー・カルメルと子供たちがいなくなった後の場所の様子が、食べられた形跡があったこと。リンリンがケーキを食べ終わった後の場所は、机や椅子がボロボロになっていました。マザー・カルメルと子供たちは、どこにも姿がありませんでした。

    もし、彼らが逃げたのであれば、まだ声が聞こえるはずです。しかし、彼らは一瞬にして消えてしまったのです。

    これは、リンリンがマザー・カルメルと子供たちを食べてしまったことを示唆しています。

以上のように、リンリンがマザー・カルメルと子供たちを食べてしまったという説は、かなり説得力があります。

しかし、これはあくまで憶測であり、確定した事実ではありません。

ワンピースの物語の中で、いつか真相が明かされるのでしょうか?それとも、永遠の謎として残るのでしょうか?

ワンピースリンリン:若い頃の姿はまるでボニー?

『ワンピース』のファンの皆さん、こんにちは。今回は、四皇の一人であるシャーロット・リンリンの若い頃の姿についてご紹介します。

リンリンは現在は巨体でふくよかな外見をしていますが、若い頃はスラっとした美人だったのです。

その証拠に、86巻のSBSで尾田先生が描いた若い頃のリンリンのイラストがあります。このイラストを見るとリンリンはモデルのようなスタイルで、整った顔立ちをしています。

髪型もショートカットで、現在のロングヘアとは大きく違いますね。この姿は、まるで別人のように見えますが、本当にリンリンなのです。

では、なぜリンリンはこんなにも変わってしまったのでしょうか?その理由は、リンリンの能力に関係していると考えられます。

リンリンはソルソルの実の能力者で、自分の魂を分けて物や動物に与えることができます。その際、自分の寿命を削って魂を分けることも可能です。

つまり、リンリンは自分の寿命を使って、自分の治める万国の住人やホーミーズに魂を与えているのです。

その結果、リンリンの肉体は老化し、太ってしまったのではないでしょうか?もしそうなら、リンリンは自分の美貌を犠牲にして、自分の理想の国を作ろうとしているのです。

しかし、現在の姿はあえて選んでいるのかもしれません。その理由は、自分の威厳や恐怖を示すためかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?リンリンの若い頃の姿は、まるでボニーのように美人だったということがわかりました。

しかし、リンリンはその美貌を失ってしまったのか、それとも自分で変えているのかは、まだ謎のままです。

リンリンの能力や過去にはまだまだ秘密がありそうですね。

ワノ国編ではキッドとローの競闘攻撃に敗北しましたが、あれで○んだとは思えません。

案外再登場があるかもしれません。今後の『ワンピース』の展開に注目しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました