ワンピースおトコの声優は!スマイルの裏に隠された正体?父親との関係も衝撃!

こんにちは、この記事をお読みいただきありがとうございます。この記事では、大人気アニメ『ワンピース』に登場するキャラクター、おトコの声優や正体、父親との関係などについてご紹介します。

おトコとは?

おトコとは、ワノ国編でルフィたちと出会った少女です。花魁・小紫の禿として働いていますが、実はトの康の娘であり、スマイルという人造悪魔の実の影響で笑顔以外の感情を失ってしまっています。

おトコは常に笑顔を絶やさない明るく元気な子ですが、その笑顔には悲しい過去が隠されています。おトコは赤ん坊の頃に両親を亡くし、トの康に拾われました。しかしトの康もオロチの罠にかかり、スマイルを食べてしまいました。そのため、二人とも笑う以外の感情を表現できなくなってしまったのです。

おトコは花魁道中で小紫に仕えることが夢であり、小紫からも可愛がられています。しかし小紫はオロチから逃げるためにゾロと共に逃走しました。その後、おトコはゾロやロビンと共に行動することになります。

おトコはルフィやゾロたちと友情を深めていきますが、同時にオロチやカイドウから狙われることになります。おトコは父親や仲間たちを助けるために勇敢に戦い、笑顔で困難に立ち向かっていきます。

おトコの声優は?

おトコの声優は、菊池こころさんです。菊池さんは1982年生まれの東京都出身で、ケンユウオフィスに所属しています。菊池さんは『エア・ギア』の鰐島亜紀人や『ねぎぼうずのあさたろう』のこももなど、多くのアニメやゲームで声優として活躍しています。

菊池さんはおトコの声優に抜擢された際に、「おトコちゃんは笑顔が素敵な子なんですが、その笑顔には悲しい過去が隠されているんです。そんなおトコちゃんを演じることができて光栄です」とコメントしています。

菊池さんはおトコちゃんのキャラクターを表現するために、明るく元気な声や感情豊かな声を使い分けています。また、ワノ国編では方言も使っていますが、菊池さん自身が方言を話せるわけではなく、尾田先生から指示を受けているそうです。

菊池さんはおトコちゃんに幸せになってほしいと語っており、おトコちゃんの笑顔が本当に幸せなものになる日を楽しみにしています。

スマイルとは?

スマイルとは、シーザー・クラウンという科学者が作り出した悪魔の実の模造品です。動物系の能力を得ることができますが、成功率は10%しかありません。成功しなかった場合は笑顔以外の感情を失ってしまうという副作用があります。

オロチはこの副作用を利用して、城下町の住民を笑顔が絶えない町に変えようとしました。彼は一口かじられた失敗作のスマイルを食べさせることで、住民たちの悲しみや怒りを奪いました。

おトコやトの康もオロチが仕込んだスマイルを食べてしまいました。そのため、二人とも笑う以外の感情を表現できなくなってしまったのです。

スマイルはオロチやカイドウの手下たちにも与えられており、彼らは動物の一部が体に生えています。しかし彼らも成功率が低いため、笑顔以外の感情を失っています。

スマイルはワノ国の人々に多大な苦しみを与えており、オロチやカイドウの最大の罪と言えます。

おトコと父親・トの康

おトコと父親であるトの康は、本当の親子ではありません。おトコが赤ん坊の頃に両親を亡くした際にトの康に拾われたという過去があります。

トの康の正体は、白舞(はくまい)の元大名である霜月康イエです。康イエはおでんと共にワノ国を統治していた大名でしたが、オロチの策略によって失脚しました。その後、トの康という名前になってえびす町に隠れ住むことにしました 。

おトコとトの康は血の繋がりがなくても心から愛し合っています。おトコは父親を尊敬し、トの康は娘を大切にします。二人は笑顔で困難に立ち向かい、仲間たちと支え合います。

しかし二人はオロチやカイドウから狙われることになります。トの康は仲間たちを救うために自分が丑三つ小僧だと偽って処刑されます。おトコは父親を失った悲しみを笑顔で隠します。

おトコとトの康の関係は、衝撃的な事実や悲しい運命にもかかわらず、強く美しいものです。おトコとトの康の今後の活躍や幸せを祈りましょう。

まとめ

以上、『ワンピース』おトコの声優や正体、父親との関係などについてご紹介しました。この記事が皆さんの『ワンピース』への興味のお助けになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました