ワンピース流桜について徹底解説!覇気との違いは?ひょうじいが教える極意!りゅうおう

ワンピースに興味を持って下さっている皆さん、こんにちは!

今回はワノ国編で大きな話題となった新たな覇気の技「流桜」について徹底解説します!

流桜とは一体どんな技なのか?レイリーがルフィーに教えた覇気との違いは?ひょうじいがルフィーに教える極意は?

これらの疑問に答えるべく、原作やアニメの情報をもとに考察していきます!

ワンピースの世界で最強と言われる覇気の技「流桜」を知りたい方は必見です!

それでは早速始めましょう!

ワンピース:流桜について徹底解説!覇気との違いは?

ワンピースのワノ国編で登場した新たな覇気の技「流桜」。ルフィーはこの技を習得するために、かつてレイリーから教わった覇気の使い方を思い出します。

では、流桜とレイリーが教えた覇気とはどう違うのでしょうか?

まず、覇気とは自分の意志や精神力を具現化した力で、武装色・見聞色・覇王色の3種類があります。

武装色の覇気は自分の身体や武器に纏わせることで攻撃力や防御力を高めることができます。

レイリーはルフィーに武装色の覇気を教える際に、覇気で強化して直接攻撃すること以外にも、覇気を纏って敵の攻撃を弾いたり、相手の内部にダメージを与えたりすることができると説明しました。

一方、流桜とはワノ国で伝わる覇気の技で、武装色の覇気の進化系と言えます。流桜は体から不必要な覇気を排除し、拳に集中させることで「見えない鎧」を作ります。

そして、その鎧から放たれる衝撃波が敵の内部まで浸透し、内部から破壊することができます。

流桜はカイドウやビッグマムなどの強固な防御力を持つ相手にも有効な技です。

つまり、流桜とレイリーが教えた覇気との違いは、覇気を拳に集中させるか否か、そして衝撃波を放つか否かという点です。

流桜は武装色の覇気をより高度なレベルで使いこなす技であり、ルフィーはこの技をマスターすることでカイドウに挑む準備を整えました。

ワンピース 流桜: ひょうじいがルフィーに教える極意!

ワンピースのワノ国編でルフィーは、かつてワノ国一のヤクザの大親分だったひょうじいと出会います。

ひょうじいはルフィーに武装色の覇気の応用技「流桜」を教えることになりますが、その極意とは一体何なのでしょうか?

流桜とは前述した通り、「ワノ国の覇気」と言われる新たな覇気の種類です。 流桜には2つの段階があります。

1つ目は「覇気を拳に纏わせることで“見えない鎧”を着せ防御も攻撃もこなす」段階。

そして2つ目は「纏った覇気が敵の内部まで浸透し敵を内部から破壊する」段階です。

2段階目まで習得すれば、カイドウなどの強固な防御力を持つ相手でも、ダメージを与えられます。

ひょうじいがルフィーに教える流桜の極意は、「窮地にこそ力は開花する」ということです。

ひょうじいはルフィーに、自分の命が危機にさらされるときにこそ、流桜を使えるようになると言います。

そのため、ルフィーはひょうじいと共にビッグマムから逃げながら、流桜を習得するために修行を続けます。

流桜を使えるようになるためには、覇気を拳に集中させるイメージが重要です。ひょうじいはルフィーに、「全身を見えない鎧で包むイメージ」を教えます。

また、覇気を拳から放つタイミングも大切です。 ひょうじいはルフィーに、「相手の攻撃が自分の身体に触れる寸前で覇気を放つイメージ」を教えます。

以上が流桜の極意です。この技を習得すれば、ルフィーはカイドウと互角以上に戦えるようになるでしょう。 ルフィーの成長と共に、流桜の可能性も広がっていくことでしょう。

まとめ

以上が流桜についての解説でした。

いかがでしたでしょうか?

流桜は武装色の覇気をより高度なレベルで使いこなす技であり、ルフィーはこの技をマスターすることでカイドウに挑む準備を整えました。

しかし、流桜はまだまだ謎が多く、今後もワンピースから目が離せません!

次回もワンピースの最新情報や考察をお届けしますので、お楽しみに!

それでは今回はこの辺で失礼します。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました